相続税申告のお悩み 無料相談受付中
お気軽にお電話ください

電話0120‐213-318

営業時間:平日9:00~17:00

相続ミニ知識 | 山口・岩国あんしん相続センター

  • No22 遺言の活用

    遺言についてご相談を受けることもあります。作成をしていたほうが良いのかとのお問い合わせがあります。 「遺言書はなぜ必要なのでしょうか」 もちろん遺言が無くても、相続人間での話し合いがスムーズに行われ、遺産分割協議も特に問…続きを読む

  • No21 財産調査で~

    財産調査で思わぬ事実が発覚するケース 相続税の申告の際に 亡くなられた方の財産・債務を調査します。 調査をすすめていくと ご遺族の方の知らない投資や預貯金が判明したり、自用地だと思っていたら他人と賃貸借契約を結んでいたり…続きを読む

  • No20 土地の評価 不動産鑑定評価を使う意義

    相続税を計算するための財産評価のなかで重要となってくるのは「土地の評価」です。 1.土地の評価方法 土地の評価方法は「路線価方式」と「倍率方式」の二種類からなります。 相続した土地を「路線価方式」「倍率方式」どちらの方法…続きを読む

  • No19 外国預金の取り扱い

    近年では、仕事やライフスタイルの多様化によって海外の銀行に口座を持つことも珍しくありません。 ではその場合相続税の取り扱いはどうなるのでしょうか。 例えば被相続人が夫。相続人が配偶者および子である場合。 被相続人及び相続…続きを読む

  • No18 土地の評価 セットバック

    建築基準法では、建物の敷地は、原則幅員4m以上の道路に接していなかればなりません。 では、4m未満の道路にのみ接している場合はどうしたらいいのでしょうか? このままでは建物を再建築することができないため道路の中心点から2…続きを読む

  • No17 路線価 個別評価による土地評価

    宅地の評価をする際に、路線価を確認すると、「個別評価」とされている場合があります。 その地域が「土地区画整理事業施行区域」や、「市街地再開発事業施行区域」である場合が多いです。 このような場合は税務署に「個別評価申出書」…続きを読む

  • No16 相続財産(預貯金)の所有金額について

    昨年、人生100年時代を見据え95歳まで生きるには夫婦で約2,000万円必要となるというレポートを金融庁が突然公表したため世間で大きな話題になっていましたが、実際に相続税申告業務をしていると預貯金残高がどの程度お持ちであ…続きを読む

  • No15 非上場株式を持っている場合

    非上場株式とは、証券取引所等に上場されていない株式のことで、上場株式、登録銘柄、店頭管理銘柄、公開途上にある株式のいずれにも該当しない株式を指します。 亡くなった人が、会社を経営されていたり、昔知人と会社を始めたときなど…続きを読む

  • No14 「相続税の税務調査」

    相続税の申告が済んだあと、留意すべきこととして税務調査が行われるかどうかです。 国税庁の発表によると、相続税の実地調査件数は、 平成30年度で12,463件 平成29年度では12,576件 となっています。 全体の相続税…続きを読む

  • No13 相続税対策はいつからやるべきか?

    その答えは「できるだけ早めに」です! なぜ早めにしたほうがいいのか・・・ 「うちは相続税がかからないかもしれないし…」「まだまだ先の話だし…」 と思われる方もいらっしゃると思います。 当然のことですが、何歳で亡くなるか …続きを読む

PAGETOP